亀頭増大手術を行うのであれば、術後はいくつかのことに気をつけておかなければなりません。注意事項を知らないと亀頭増大に失敗する恐れがあります。病院でも説明を受けるはずですが、これを理解しないまま施術を受けることは危険です。禁止されている行為を行うことで強い痛みを感じたり、失敗していることに気づかず見過ごしてしまったりする恐れがあります。せっかく手術を受けても失敗しては意味がないです。亀頭増大で失敗したくないと考えるのであれば、手術を行う前にどのような点に注意しておかなければならないのか知っておきましょう。

性行為や自慰はしばらく控える必要がある

亀頭増大手術を行ったのであれば、術後は性行為や自慰を控える必要があります。この手術は日帰りで行うことができますし、その日からシャワーを浴びて良いことがほとんどですが、すぐに性行為などをすることは危険です。出血することが完全になくなれば性行為をしても良いとされているケースが多いですが、医師によって判断基準が異なるので施術を受けた病院の指示に従うことが大切だと言えます。

パートナーに内緒で手術を行った場合は隠し通すために無理をして性交渉をしようとする人もいますが、無理な性行為は強い痛みの原因になるだけではなく、患部にダメージを与えることになるので危険です。最低でも1週間ほど性交渉や自慰を控えたほうが良いのですが、患部の状態に応じてはそれよりも長く安静にしておく必要があることを知っておきましょう。

大きくなった亀頭で早く性交渉を行ってみたいと考えるかもしれませんが、激しい痛みを感じたり出血したりすることを防ぐためにも、しばらくは安静にすることが大切です。ペニスの状態や手術の方法などによって安静にしておくべき期間は違ってくるので、勝手に判断せずに医師の指示に従うようにしてください。

処方された内服薬や軟膏薬をきちんと使用することが大切

病院で亀頭増大手術を行ってもらうと、術後に内服薬や軟膏薬が処方されます。これらには痛みを抑える効果や炎症を抑える効果があるのですが、処方されたものはきちんと服用することが大切です。痛み止めは術後に痛みがある期間のみ服用すれば良いのですが、軟膏薬は指示された期間使う必要があります。ペニスの腫れや赤みが引いてきた場合でも、治療薬の使用をやめてしまうと炎症がひどくなってしまう可能性があるので注意してください。

必要に応じて包帯を巻くなどの処置が必要になるケースもあります。手術を行う前や術後に治療薬の使用方法や正しい処置の説明を受けることができるので、医師の指示を守るようにすることが大切です。術後は病院に行く必要がないとされている場合もあるのですが、病院に行かない場合でも術後ケアをしっかりと行う必要があります。

ケアを怠ってしまうと痛みを感じることになったり、炎症がひどくなって患部がダメージを受けたりする可能性があることを理解しておきましょう。内服薬や軟膏薬を用いなければ、手術が失敗したと感じることになるかもしれないので、処方されたものはきちんと活用することが大切だと言えます。

出血がひどい場合などは医師に相談しよう

術後は患部から出血が起こることがありますが、これは時間が経過すると解決する問題です。亀頭増大手術の後に起こってもおかしくない症状ですが、出血量が多い場合や不安に感じる場合は医師に相談することをおすすめします。

血が出てもおかしくないと思って放置していると、実は失敗による出血で取り返しがつかなくなってしまったというケースもあるので、事前に受けた説明よりも出血量が多い場合などは早めに病院を受診してください。失敗に気がつかないまま放置すると、最悪の場合はペニスが壊死してしまう恐れがあるので注意が必要だと言えます。

亀頭増大手術を行っているクリニックには術後の相談を無料で行っているものもあるので、些細なことでも心配がある場合は受診するべきです。素人が見ただけでは問題が起こっているかどうか分からないものなので、医師の診察を受けることの大切さを知っておきましょう。

また、この問題以外にも亀頭にブツブツができている、形がいびつだと感じる場合も相談することができます。亀頭増大の施術に失敗するとこういったトラブルが起こることがあるので、ブツブツや形のいびつさがある場合も病院に行くべきです。

まとめ

亀頭増大手術を行うのであれば術後が大切です。術後に性行為や自慰を行うと痛みや出血の原因になることがありますし、出血が多いのに放置していると手術の失敗を見過ごしてしまう可能性があります。手術の後は安静にしておくべきなのでしばらく性行為などをしないことが重要であり、処方された治療薬を活用することも大切です。

そして、患部に問題があると感じる場合は早急に医療機関を受診するべきだと言えます。術後の対応を間違えてしまうと患部にダメージが与えられたり、手術の失敗を放置してしまったりする可能性があるので注意しておきましょう。